CC2015新機能紹介(デスクトップアプリ)

【Adobe Creative Cloud 2015】デスクトップアプリ

  • 製品一覧
  • デスクトップアプリ
  • モバイルアプリ
  • クラウドサービス&機能

Adobe Photoshop CC 写真の補正、加工、合成、3D編集までをサポートする、世界最高峰のプロフェッショナル画像編集ツール

霞(かすみ)の除去および追加

新しい「かすみの除去」機能を利用して、霞のみを除去してクリアにしたり、逆に霞を追加して濃い霧の中のように仕上げることができます。

霞(かすみ)の除去および追加

複数のアートボードをサポート

複数のアートボードを作成し、異なるサイズや複数ページのデザインを1つのドキュメント上ですべて確認しながら作業を行えます。

複数のアートボードをサポート

レイヤースタイルの重ねがけに対応

レイヤー画像に対して、ドロップシャドウや境界線など同一のレイヤースタイルを重ねて適用することが可能になりました。

レイヤースタイルの重ねがけに対応

デザインをモバイル上にリアルタイムに表示

モバイルアプリのPreview CCとの連携により、アートボード上のデザインをiPhoneやiPad上でリアルタイムに表示し、見栄えやページ遷移を確認できます。

デザインをモバイル上にリアルタイムに表示

ノイズのかかった自然なぼかしを表現

ぼかしギャラリーに新しく「ノイズ」を追加。選択範囲の周囲にノイズのかかったぼかし効果を適用することができます。

ノイズのかかった自然なぼかしを表現

Web用アセットをクイック書き出し

複数のアートボードを作成し、異なるサイズや複数ページのデザインを1つのドキュメント上ですべて確認しながら作業を行えます。

Web用アセットをクイック書き出し

修復ブラシツール、パスツールの高速化

Mercury Graphics Engineが強化され、修復ブラシツールとパスツールを使った処理が、CS6と比較して120倍に高速化されます。

手ぶれ補正

カメラが動いてぼやけてしまった画像や、シャッタースピードが遅くなったのが原因でピントがずれた画像でも、手ぶれ補正ツールが自動的にぶれの軌跡を解析し、美しくシャープな画像に修復します。

手ぶれ補正

写真内のオブジェクトを自在に移動

選択したオブジェクトを写真内の別の場所に違和感なく移動できる、「コンテンツに応じた移動」機能が強化され、移動後のオブジェクトを回転、拡大縮小して配置することが可能になりました。

写真内のオブジェクトを自在に移動

Adobe Photoshop Lightroom 5 モバイルにも対応。写真の撮影から管理、現像、公開まで、フォトグラファーのためのオールインワンソリューション

顔認識

新しい顔認識機能では、1枚の写真で人物の顔を選択すると、すべての写真から自動的に検出されます。撮りためた写真を顔にもとづいて分類することもできます。写真の整理や検索がさらに簡単になりました。

顔認識

フィルターブラシ

段階フィルターや円形フィルターを、画像のどの部分に適用するかを細かくコントロールできるようになりました。ブラシを使用して、意図する範囲にフィルターエフェクトを追加または削除することができます。

フィルターブラシ

HDRマージ

異なる露出設定で撮影された複数の写真を統合し、1枚のハイダイナミックレンジ(HDR)画像を作成。見たままの自然な風合いの画像や超現実的な画像を簡単に作り出せます。

HDRマージ

パノラママージ

超広角で、ディテールも驚くほど鮮明な写真を作り出せます。Photomergeテクノロジーにより、RAWファイルを含む一連の写真を合成し、継ぎ目も歪みもない美しいパノラマ写真を作成できます。

パノラママージ

Adobe Illustrator CC 印刷、Web、ビデオ向けに高品質なアートワークを作成できる、業界標準ベクトルグラフィックツール

パフォーマンスの劇的な向上

進化したAdobe Mercury Performanceエンジンにより、GPUのパワーをフル活用。CS6に比べて、再描画のパフォーマンスが最大10倍も高速化。拡大倍率も10倍の64,000倍まで可能です。

パフォーマンスの劇的な向上

自動保存機能で、安心して作業を継続

ユーザー様からのご要望が高かった自動保存機能を搭載。設定した時間ごとに復元データが保存され、作業中の突然のマシントラブルがあっても、データ消失の被害を最小限にとどめることができます。

自動保存機能で、安心して作業を継続

美しい曲線をすばやく描画

曲線ツールを使って、スムーズで精細な曲線を持つパスをすばやく直感的に作成できます。描画の流れの中で、ツールを持ち替えることなく直線の作成も可能です。

美しい曲線をすばやく描画

連結ツールで、パスを簡単に結合

パス同士が離れている、または交差している部分をなぞるだけで、自動的に隙間を埋めたり、不要なセグメントを削除して、きれいにパスを連結させることができます。

連結ツールで、パスを簡単に結合

ライブシェイプ:長方形と角丸の長方形

角丸の長方形を素早く作成できます。角丸の半径と形状は一括または個々に調整が可能。長方形のサイズを変更しても、角の属性は保持されます。

ライブシェイプ:長方形と角丸の長方形

パスセグメントを自由に変形

パスのセグメントを直接ドラッグして自由自在に変形することができます。この新しいパスの変形テクノロジーは、アンカーポイントとダイレクト選択ツールに搭載され、さらにペンツールからも利用できます。

パスセグメントを自由に変形

タッチワークスペース

Windows 8.1用に設計されたタッチワークスペースで、マルチタッチジェスチャーやスタイラスペンを活用しながら直感的に描画や編集を行えます。

Adobe InDesign CC 印刷物および電子書籍のためのプロフェッショナルなページデザインを作成

表の作成がさらに効率化

表の行と列を選択し、ドラッグ&ドロップで任意の場所に移動することが可能。また、フレームに画像を挿入するのと同様の操作で、表のセル内に画像を挿入し、位置やトリミングの調整が行えます。

表の作成がさらに効率化

QRコードの作成

ベクトルベースのQRコードを、URLを入力するだけで自動的に作成できます。作成したQRコードはサイズを変更しても品質は劣化せず、いつでも編集が可能です。

QRコードの作成

カラースウォッチフィルター

おなじみの段落スタイルフォルダーと同様に、カラースウォッチをプロジェクトごとにグループ化したり、IllustratorやPhotoshopなどのスウォッチをグループ化して管理することができます。

カラースウォッチフィルター

Adobe Muse CC コードを記述することなく、洗練されたWebサイトおよびモバイルサイトを直感的にデザイン

コーディング不要のWebデザイン

Illustratorと同様の直感的な操作で、洗練されたWebサイトおよびモバイルサイトを簡単に作成できます。サイト設計からデザイン、インタラクション、公開、更新まで、コーディングは一切不要です。

コーディング不要のWebデザイン

目を見張る特殊効果

動画、スライドショー、アコーディオンパネルなどのインタラクティブ機能を簡単に追加できます。スクロール時に個々のオブジェクトが多様に変化するような特殊効果も素早く作成できます。

目を見張る特殊効果

ブラウザー内編集の強化

アドビがホスティングするサイトでも、外部サイトでも、簡単な修正をブラウザーから直接行うことができます。

ブラウザー内編集の強化

高品質なWebフォントを利用可能

TypekitフォントライブラリにMuse内から直接アクセスし、日本語フォントを含む数千種類もの高品質なWebフォントが利用できます。

高品質なWebフォントを利用可能

Adobe Dreamweaver CC Web標準対応のデザインおよびコーディング環境を備えた統合Web制作ツール

レスポンシブデザインを素早く開始

レスポンシブデザイン対応のCSSフレームワーク「Bootstrap」をネイティブサポート。Bootstrap新規ドキュメントやコンポーネントを利用して、レスポンシブデザインを素早く開始できます。

レスポンシブデザインを素早く開始

直感的なレスポンシブデザイン制作環境

ブレイクポイントを直感的に設定できるビジュアルメディアクエリーバーを搭載。リサイズハンドルを動かし、カンバス幅を変えながら視覚的にレスポンシブデザイン作業が行えます。

直感的なレスポンシブデザイン制作環境

コードエディター機能の強化

独自の省略記法を用いたHTML/CSSコーディング支援ツール「Emmet」をネイティブサポート。たった一行の記述からショートカットキーひとつで複数行のコードが展開されます。

コードエディター機能の強化

強化されたCSSデザイナー

直感的なビジュアル編集ツールでクリーンなWeb標準コードを生成。グラデーションやボックスシャドウ、ボーダーなどのCSSプロパティを適用できるほか、操作の取り消しもサポートされました。

強化されたCSSデザイナー

ライフビューの改善

ライブビューでは、挿入パネルから追加されたHTML要素のプロパティを視覚的に編集し、モードの切り替えや更新の操作をすることなく変更をプレビューできます。

ライフビューの改善

エレメントクイックビュー

独自の省略記法を用いたHTML/CSSコーディング支援ツール「Emmet」をネイティブサポート。たった一行の記述からショートカットキーひとつで複数行のコードが展開されます。

エレメントクイックビュー

PSDファイルからコードを抽出

PSDファイルのデザインカンプからCSSなどのコードを抽出し、素早くサイトに適用できます。

jQuery UIウィジェット

jQuery UIウィジェットをドラッグ&ドロップするだけで、サイトやアプリの外観を素早くカスタマイズできます。

Adobe Flash Professional CC あらゆるプラットフォームに向けたインタラクティブコンテンツをデザイン・開発

滑らかで自然なアニメーション

ボーンツールがさらに使いやすくなって復活。1つのボーン構造を動かすと、連結した他のシンボルが連動して動く、滑らかで自然なインバースキマティック(IK)アニメーションを簡単に作成できます。

滑らかで自然なアニメーション

ビットマップをスプライトシートで書き出し

カンバス内のすべてのビットマップを1枚のスプライトシートに書き出すことが可能。アプリケーションやサーバーの負担を減らし、高画質なアニメーションをWebやゲームの開発に活用できます。

ビットマップをスプライトシートで書き出し

タイムラインへのビデオ読み込み

H.264ビデオをタイムラインに直接読み込むことが可能になりました。これにより、ステージ上でアニメーションを同期するためのガイドとしてH.264ビデオを活用することができます。

タイムラインへのビデオ読み込み

モーションエディターの拡張

カラー効果や変形などモーショントゥイーンのプロパティを細かくコントロールできるようになったほか、別のオブジェクトの現在の座標を保持したままコピー&ペーストすることが可能です。

モーションエディターの拡張

Adobe Premiere Pro CC 4K、RAWなど幅広いフォーマットにネイティブ対応。ハイパフォーマンスな業界最先端の映像編集ツール

カット間のつなぎ目を自然に

映像中の特定部分、または対象物の動きを自動追尾してエフェクトを追加できます。顔やロゴ、ナンバープレートなどを、シーン全体にわたって自然にぼかしたい時に最適です。マスクは、Dynamic Link経由でAfter Effectsと共有できます。

カット間のつなぎ目を自然に

刷新されたカラーワークスペース

SpeedGradeとLightroomのエッセンスを統合したLumetriカラーパネルを搭載。スライダーやホイール操作による容易な色調補正を実現。スコープを使った色温度補正可能です。

刷新されたカラーワークスペース

Adobe After Effects CC 映画クオリティのビジュアルエフェクトとモーショングラフィックスを実現

顔の動きをリアルタイムでトラッキング

顔の動きを高精度に認識するフェイストラッカーを搭載。顔の輪郭だけでなく、目、鼻、口の動きも正確に解析し、その動きに追随するオブジェクトを配置したり、エフェクトを適用したりできます。

顔の動きをリアルタイムでトラッキング

キャラクターを簡単にアニメーション化

新機能Adobe Character Animator(Preview版)を統合。Webカメラの前で行われる自身の顔の動きをもとに、2Dのキャラクターデザインを簡単にアニメーション化することができます。

キャラクターを簡単にアニメーション化

プレビュー機能の強化

プレビュー機能が統合、簡素化され、古いRAMプレビューと現在のプレビューの違いを意識することなく、プレビューを再生している間でもコンポジションに変更を加えることができます。

プレビュー機能の強化

必要な素材をいつでもアクセス

Creative Cloud Librariesのサポートにより、他のアプリを作成、保存されたグラフィック、テキストスタイル、色情報などに、After Effectsのパネルからいつでもアクセスして利用できます。

必要な素材をいつでもアクセス

その他の映像制作ツール

Adobe SpeedGrade CC
フィルムフィニッシングとカラーグレーディング

高品質なカラーグレーディングとフィニッシング

あらゆるタイプの映像を最高の品質に仕上げるためのパワフルなカラーグレーディングツール。Premiere Proとの間でLumetriの調整やプリセットをシームレスに共有できます。

Adobe SpeedGrade CC

Adobe Prelude CC
収録素材の取り込みとロギング

オーディオトラック入りのラフカットを作成

Preludeでのラフカット作成時に、トランジションに加えて、BGMやボイスオーバー録音などのオーディオトラックを追加することで、より完成形に近い状態に仕上げることができます。

Adobe Prelude CC

Adobe Audition CC
オーディオの録音、ミキシング、修復

映像とオーディオの編集がシームレスに連携

Dynamic Link機能により、Premiere ProのシーケンスをそのままAuditionに読み込み、レンダリングすることなく、すぐに詳細なオーディオ編集作業に取りかかることができます。

Adobe Audition CC

Adobe Media Encoder CC
あらゆる画面に最適化したビデオファイルを出力

映像の出力尺を自動調整

Dolby Digital出力のサポートに加え、カットごとの微調整を行うことなく、±10%の範囲内で出力尺を自動調整するタイムチューナー機能を搭載。この機能は、Premiere Proでも利用できます。

Adobe Media Encoder CC

Adobe Edge Animate CC
インタラクティブなHTMLコンテンツの作成

インタラクティブなHTMLコンテンツの作成

タイムラインやモーションパスを使用して、Web標準対応の魅力的なアニメーションやインタラクティブコンテンツを作成できます。ビデオやスプライトシートの読み込みにも対応します。

Adobe Edge Animate CC
お見積りのご依頼・お問合せはこちらから

Adobe Creative Cloud 最新特集は ≫ こちらから

  • 製品一覧
  • デスクトップアプリ
  • モバイルアプリ
  • クラウドサービス&機能