【第5回】更新せずに新規で買い直した場合の設定方法

解決!Creative Cloud 駆け込み寺

加賀エデュケーショナルマーケティングはアドビのプラチナ・リセラーです

更新せずに新規で買い直した場合の設定方法

あまり大きな声では言えない話ですが。

Creative Cloud グループ版は昨年から販売をスタートしましたが、発売当初は「プライスロックキャンペーン」も、今の価格の「特別提供版」もありませんでした。
...ですので、その当時に導入して、間もなく年度更新を迎える方々の中には、実は更新するよりも、特別提供版を新たに買い直した方がお得になる、というケースも発生するようです。。

ここで疑問になるのが、新たに特別提供版を買い直すと、コンソール上は「一時的にシートが2重になる?」「ユーザーのAdobe IDの管理はどうするの?」といったところだと思います。

確かに、更新月にシートを新たに追加した場合、「その月」と「翌月」はコンソール上2つのシートが並ぶ事になります。

ここでは、新たなシートにアプリ利用者の認証を付け替える方法をご説明します。

1)新規の空のシートに、更新対象者のAdobe IDを登録する
2)利用者(更新対象者)は招待メールに応じる
3)利用者はアプリケーションのどれかを起動する(アプリケーションを入れ直す必要はありません。)
4)ヘルプメニューの"サインアウト"を選択して、一旦サインアウトする
5)再びヘルプメニューから、先程と同じAdobe IDでサインインする

これで、問題無く新しいシートに利用者のAdobe IDが紐付けられます。

※掲載の内容は全て、掲載時点での情報により記載しております。メーカーの仕様変更などにより、掲載内容と変わる場合がございます。

お問い合わせ/お見積もりはこちらから

コンプリートプランを購入  単体プランを購入

Creative Cloud 2015 機能のご紹介!
【法人も使える分割払いサービス!】Orico Webクレジット
【特集】Adobe Creative Cloud
マンガで学ぶ「クリエイティブクラウド導入」(第1話)
Adobe Creative Cloudに関するご質問など、お気軽にご相談ください。
製品情報・資料がほしい
Creative Cloudのお見積もり
TEL:03-5657-0153
営業時間:10:00~17:30
※土・日・祝祭日を除く

コンテンツ一覧