Home > Adobe > Adobe Creative Cloud 特集 > Creative Cloud グループ版のサブスクリプションの開始、シートの追加・更新

Creative Cloud グループ版のサブスクリプションの開始、シートの追加・更新

Creative Cloud グループ版の
サブスクリプションの開始・シートの追加・更新

【Vol.01】Creative Cloud グループ版のサブスクリプションの開始、シートの追加、更新について

Creative Cloud グループ版を使い始めるには、シート(ライセンス)の購入よりも先に、専用のWeb管理サイト「アドミンコンソール」に、利用する会社(またはグループ・組織)のアカウントを作成します。

アドミンコンソールへのアカウントの作成は、販売店からの「VIPメンバーシップへの招待メール」に対して、「招待を承認」することで作成されます。そして、そのアカウント内で利用するシートを追加したり会社(またはグループ・組織)のユーザーに割り当てることにより、利用を開始します。

サブスクリプションのスタートは、アカウントの作成の一ヶ月後から

サブスクリプションの期間は12ヶ月ですが、開始日・更新日は、いつ「VIPメンバーシップ」に加入したかにより、それぞれ異なります。ここでは、2013年11月17日にVIPメンバーシップに加入(アカウント作成)した場合を例に、サブスクリプション期間についてご説明します。

上記例(2013年11月17日にメンバーシップに加入)の場合
  • サブスクリプション期間は、2013年12月17日を開始日として12ヶ月間。 ※この例の場合の1ヶ月の期間は、17日から翌月の16日
  • サブスクリプション料金は、2013年12月17日から
  • 契約応当日(更新日)は、2014年12月17日 ※メンバーシップ加入日(2013年11月17日)の、1年1ヶ月後の同一日付(2014年12月17日)
  • メンバーシップに加入した2013年11月17日から2013年12月16日までに追加したシートは、2013年12月17日から課金対象
    ※ アプリはすぐに使用可能

シート追加時の月数計算は常に更新日をおしりにして考えます

サブスクリプション期間中にシートを追加する場合、その料金は「シートの追加日〜更新日」までを月ベースで算出します。常に更新日をおしりにして利用する期間を設定するシステムにより、更新日にアカウントで利用しているシートを同時に更新 or 見直しすることが出来ます。ここでは、サブスクリプション利用期間中に2度、シートを追加した場合の例をご紹介します。

上記例(2014年12月17日が更新日)の場合
  • シート追加時のサブスクリプション料金の計算は、常に1ヶ月単位(日割り計算はされない) ※この場合17日から翌月16日まで
  • シート追加時のサブスクリプションの開始日は、シート追加後、最初に迎える契約応当日と同じ日付(上記例の場合、常に17日)例) 2014年2月25日にシートを追加した場合、翌月3月17日がサブスクリプション課金の開始日
  • 利用中のシートの合計(初回5シート+追加3シート+追加2シート)は、契約応当日(更新日)に数量の見直しが可能