アーカイブ_ぜんぶ電子化しなくてもだいじょうぶなの!?改正電帳法にも対応できる紙と電子の並列運用の秘密!?教えちゃいます。(2021年12月3日開催)

ぜんぶ電子化しなくてもだいじょうぶなの!?改正電帳法にも対応できる紙と電子の並列運用の秘密!?教えちゃいます。

ウェブセミナーについて

電子サイン『Adobe Sign』と締結後の原本と契約書情報の管理システム、株式会社セキュリティリサイクル研究所の『BUNTAN』の連携を記念し、株式会社セキュリティリサイクル研究所 紺野 淳二様をお招きし、セミナーを開催いたします。

昨今の新型コロナウイルス感染拡大によるテレワークの普及や、DX推進に伴う業務プロセスの見直し、電子帳簿保存法の改正を背景に、契約締結や発注書や納品書などへの押印業務をクラウド上で行う「電子契約システム」が注目されています。
その一方で、過去に締結した紙の契約と電子契約の両方の管理が煩雑になることから、なかなか導入が進まない企業様も多くいらっしゃいます。

電子契約システムの導入はこれからのニューノーマル時代に向けて重要課題です。 ただし、それだけで契約書管理は解決と言えるでしょうか?
今まで締結した紙契約書の管理も合わせて、どの様に管理していくべきでしょうか?
紙契約書も電子化するべきでしょうか?
本ウェビナーでは、紙契約と電子契約の最適な管理方法について他社事例も交えて解説いたします!

アジェンダ

  1.ニューノーマル時代の契約書管理における課題
  2.課題解決のポイント
  3.他社事例を交え、紙と電子を一元管理できる契約書管理システム「BUNTAN」紹介
   (BUNTANデモンストレーション含む)

動画閲覧申し込み

 

個人情報の取り扱いについての同意


動画閲覧お申し込みフォーム



画像に表示されている英数字を入力してください。